あんずの新しい日々:その後

里親探しのサイトでひと目惚れ。沖縄のシェルター(保護施設)から神戸にやってきたミックス犬、あんずの日々を紹介しています。

-----

--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08-22

2013

心臓疾患

あんず、心臓に問題があることが分かりました。
合併症の肺水腫もでています。

心臓の僧帽弁というのが機能せず、血液の逆流があるようです。
心音はトクトクトクととても速く、雑音もあります。
レントゲン写真の肺は白くかすんでいました。

肺水腫になると肺に水が溜まるそうで、陸にいながら溺れるような
状態になるそうです。

なぜもっと早く気付いてやれなかったのか。
悔やんでも悔やみきれません。 

       *  *  *  *  *  *  *  *

8月17日(土曜)、夜明け前。たぶん4時前後。

ヒィーーーーヒッツヒ、カッツカッツカッツ、ゴホッツゴホッツ

悲鳴のような、なにかのどに詰まらせたものを吐き出そうと
しているようなあんずの咳で目が覚めました。

とっさに頭に浮かんだのは、夕食の生骨がのどに刺さった?でした。

静かになり、あんずも横になっているので、私も眠ろうとしました。
するとまた、
苦しそうに ヒィ~~~~~とかすれた声で咳が始まりました。

この繰り返しが5時過ぎまで続き、あんずも眠れずウロウロ。
思い切って外の空気を吸いに散歩に出ました。

散歩中、いつもと同じように快活に歩きます。 咳も出ません。
ああ、大丈夫そうだ。引っかかっていたものが取れたかな。

早い朝食を食べ、あんずも私も少し眠りました。
ぐっすり眠っていましたが、あんずの咳でまた目覚め、
ただ事ではないと覚悟を決め、病院へ行きました。

病院で真っ先に告げられたのが、心臓の問題でした。
そしてレントゲン撮影。食べ物が引っかかっているのではなく、
肺に水が溜まり、呼吸が苦しくて咳が出たと説明がありました。
血液検査の結果は優良で、問題のある数値は有りませんでした。

今後は、
・走ったり、ボール遊びをしたり、興奮するようなことは禁止。
・散歩時間は短縮。
・薬(API12.5mgと利尿剤)を飲んで安静にし、様子を見る。

幸いなことに、あんずは薬を嫌がりません。
(腹の足しになるものは何でもOK~です。)

一週間後にまた来てくださいとのことで、
明日金曜の夕方、病院へ行く予定です。
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。