あんずの新しい日々:その後

里親探しのサイトでひと目惚れ。沖縄のシェルター(保護施設)から神戸にやってきたミックス犬、あんずの日々を紹介しています。

-----

--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

01-26

2014

心臓性悪液質

 心臓病の犬が痩せていくことはとても危険な事らしい。
むしろ、やや肥満傾向のほうが生存率は高いようだ。
「心臓性悪液質」という病名を見つけた。

心臓性悪液質心不全に起因する重度の慢性栄養障害)
は非可逆的な栄養障害であり
手の施しようがない。

予防策として、魚油のバランスよい摂取が有効とする
 米国研究チームの発表あり

 

http://teamwill555.blog47.fc2.com/blog-entry-27.html

心臓性悪疫質、これは心臓疾患による体重減少の臨床上の
病名ですが、これは健康な犬の、主に脂肪が落ちて体重が
減ることとは異なります。心臓性悪液質は、その体と
心臓の両方の筋肉が減少することによるものです。
筋肉の減少は、免疫力や免疫機能に影響を与え、
ついには生命を脅かしますから、やっかいなことです。 

http://www.cavaliernet.com/yuki/health/food-heart.html



なるほど。筋肉が減少して体重が落ちているのか。

当然心臓の機能も落ちるから、これから薬の量も増えて
いきそうだ。利尿剤の使用も頻繁になるかな。

利尿作用があるという小豆を煮た。何年振りだろう。
効果があるか? 信じる者は救われる、ネ。
あずき あずき保存




関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。